オーストラリア英語のなまり、留学しても大丈夫?オーストラリアで学ぶメリットについて

australia




「オーストラリアは治安も気候もいいから、留学したいのだけれど、オーストラリアなまりが心配で。」

そのようなご相談を受けることがあります。

「心配する必要はないですよ」と、お答えしています。「なまり」というのは、相対的なものですし、話している内容が分からなくなるほど、強いなまりがあるわけではありません。

オーストラリア英語の特徴と、オーストラリアで英語を学ぶメリットについて、まとめました。

 

 

オーストラリア英語の特徴

オーストラリアでは、アメリカ英語とイギリス英語で異なる単語やスペルは、基本的にイギリス式です(オーストラリア独自の単語もあります)。

ここでは、発音とイントネーションについて、オーストラリア英語の主な特徴をご紹介します。

 

エイがアイ

オーストラリアなまりといえば、A を「アイ」と発音する、というのが有名ですね。Today が to die に聞こえる、というものです。

はっきりと「アイ」と発音している人もいれば、どちらかと言うと「アイ」寄りの A の人もいますし、完全に「エイ」の人もいます。

A を「アイ」と発音するかどうかは、年代や地域によります。年配の人や、地方に住んでいる人の方が「アイ」と発音する人が多いようです。

エイがアイと発音されることで、会話が成り立たなくなる、ということはありません。もし、まったく意味が分からず、一瞬とまどっても、文脈で想像できたり、相手が言い直してくれたりします。

また、都市部に住む若い人が、ビジネスでプレゼンテーションを行う際に、オーストラリアらしさを演出し、親しみを持ってもらう、という狙いのもと、わざと「アイ」と発音しているのに、出会ったことがあります。

オーストラリアに慣れるころには、「アイ」はオーストラリアを表すものとして、愛着を覚えるようになるかもしれません。

 

 

弱い R

もう一つ、日本人におなじみのアメリカ英語と大きく異なるのは、R の発音が弱い、という点です。

イギリス英語にも、似たような特徴があります。

Car、work の発音が、アメリカ英語と比べると、カタカナ英語に近いように聞こえます。R の発音が苦手な日本人にとっては、かえって分かりやすいかもしれません。

 

 

文章の語尾が上がる

発音に加えて、オーストラリア英語の大きな特徴は、文章の語尾を上げる、というものです。

質問文ではないのに、文章の最後を上げて話す人が多いのです。文章の最後だけではなく、and などの区切りの前でも上がります。

I went to the corner shop ( ↑ ) and bought a paper. ( ↑ ) 

一般の会話でも耳にしますし、ニュース番組でインタビューを受けている政治家も、このようなイントネーションで話しています。

 

 

オーストラリア英語が聴けるサイト

YouTube で検索すると、オーストラリア英語に関する動画はたくさん出てきます。

その中でも、おすすめは、24時間配信されている ABC (Australia Broadcast Corporation) のニュースです。

市民や政治家へのインタビューもたびたび取り上げられるので、生のオーストラリア英語が聴けます。

また、動画ではなく、オーストラリアのラジオが聴けるサイト Radioau.net もおすすめです。

 

 

必要とされる英語力

オーストラリア英語の主な特徴を紹介しました。これらが、いわゆる「オーストラリアなまり」と呼ばれるものです。

標準となるものがあって、それとは異なるものを「なまり」と呼びますよね。

では、「標準的な英語」というとき、どんな英語を思い浮かべますか。

アメリカ英語でしょうか、イギリス英語でしょうか、それとも、別の英語?

文法的に標準、あるいは、正しいとされている英語はありますが、どの発音が「標準」かは国によって異なります。

アメリカ英語を話す人から見たら、イギリス英語にはなまりがある、と感じます。そして、イギリス英語を話す人からすれば、イギリス英語以外の英語には、なまりがあります。

また、アメリカ国内、イギリス国内でも、地域や社会的属性によって、発音は異なります。

そして、インド、シンガポール、フィリピンといった、英語が公用語の国もあり、これらの国の人たちは、母国語に影響された英語を話しています。また、日本人もそうですが、英語を外国語として学び、ビジネスなどで使っている人も大勢います。

1つの国のパワーが強かったころとは違い、今では、「標準的な英語」を定義するのは、難しいのではないでしょうか。

英語は、コミュニケーションの手段ですよね。異なる国の人たちが、それぞれのお国なまりがある英語を話し、コミュニケーションを取っています。

ボーダレス化が進む世界では、様々なお国なまりの英語を理解できるのも、英語力の1つと言えます。

 

 

オーストラリアで学ぶメリット

オーストラリアは、様々ななまりの英語を学ぶのに適した環境です。

 

イギリス英語もアメリカ英語も学べる

 

open-book

日本の英語教育の標準は、アメリカ英語なので、アメリカ英語は大丈夫、という方も多いでしょう。一方、イギリス英語は、聞き取りに苦労する、という方もいるのでは。

オーストラリアには、多くのイギリス人が住んでいます。気候や職場の環境がいいということで、オーストラリアに移住するイギリス人は、年々増えています。オーストラリアにいながらにして、イギリス人と友だちになることもあるでしょう。

また、オーストラリアのテレビは、アメリカの番組とイギリスの番組の両方を放送しています。その影響もあって、オーストラリア人は、アメリカ英語独特の言い回しも、イギリス英語だけで使われる表現も理解し、使っています。

このような環境なので、特に意識しなくとも、オーストラリアでは、アメリカ英語とイギリス英語の両方に触れられます。

また、アメリカ人も多く住んでおり、語学学校で英語を教えているアメリカ人もいるので、積極的にアメリカ英語を学ぶことも可能です。

 

 

多様な英語に触れられる

friends

移民の数の多さと、出身国の多様性も、オーストラリアで学ぶ魅力の1つです。

オーストラリアに住んでいる人のうち、4人に1人は、オーストラリア国外で生まれています。また、オーストラリアの家庭の20%では、英語以外の言語が話されています。

オーストラリアでは、普通に生活していても、色々な国の人たちと触れ合うことになります。日本で生活していたら、あまり出会わない国から来た人が学校のクラスメイトになるかもしれません。また、お隣さんや、スーパーの店員も、様々なバックグラウンドを持つ人たちのことがほとんどです。

オーストラリアのテレビ番組では、お国なまりがとても強い人をコメンテーターとして起用したり、明らかにネイティブスピーカーではない話し方をする人が、ニュースのプレゼンテーターであったりします。

そのような環境で暮らすと、どんな英語を話しているか、ということよりも、何を伝えることができるか、ということが、より重要だということが分かります。

 

 

さいごに

koala

オーストラリア英語の特徴と、オーストラリアで英語を学ぶメリットについて、まとめました。

このサイトは、オーストラリア留学の斡旋サイトではありませんし、「留学するなら、絶対オーストラリア!」と、すすめている訳ではありません^^

勉強したい分野や、将来、働きたいと思っている業界によっては、別の国の方がいいこともあると思います。あるいは、「イギリス英語がかっこいいから、あんな風に話したい!」と思っているなら、留学先は明らかですよね。

ただ、もし「オーストラリアなまり」が気になって、オーストラリア留学を迷っているなら、「心配には及びませんよー、なまりよりも、得るもののほうが多いですよ。なによりも、人も、気候もいいですし、おいしい食べ物もあります。そして、かわいい動物もいますよ^^」とお伝えしたいです。

Pocket