「何があっても・雨天決行」を英語で|come rain or shine の意味・使い方・例文




今回は、「どんなことが起きても」「何があっても」という意味のイディオム、come rain or shine を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Come rain or shine

Come rain or shine は、「どんなことが起きても」「何があっても」という意味のイディオムです。

Rain or shine は、「雨が降っても、晴れても」ですね。屋外でのイベントについて “rain or shine” という添え書きがあるときは、「雨天決行」という意味です。

この表現は、お天気に関する以外のことにも使われ、その場合は「何があっても」「どんなことが起きても」という意味になります。

Harry: Will the soccer game still be held if it rains tomorrow?

Coach: Absolutely. Come rain or shine, the game will go ahead.

Harry: Great! I’m really looking forward to it.

Coach: That’s what I like to hear!

ーーーーーーーーーーーーーーー

ハリー:明日、雨が降っても、サッカーの試合はありますか。

監督:もちろん。天候にかかわらず、試合は開催されるよ。

ハリー:やったあ!とても楽しみです。

監督:そうこなくっちゃ!

Samantha: Can you pick me up at the station tonight? I’ll have a lot of luggage.

Bill: Of course! Come rain or shine, I’ll be there.

Samantha: Thanks, I appreciate it.

ーーーーーーーーーーーーーーー

サマンサ:今晩、駅に迎えに来てくれる?荷物がたくさんになる予定なの。

ビル:もちろん!何があっても、行くよ。

サマンサ:ありがとう、助かるよ。

 

 

まとめ

Come rain or shine

「どんなことが起きても」「何があっても」

Pocket