飛行機のおすすめ座席の選び方|SeatGuru(シートグル)の見方と使い方




飛行機では、いつもどんな座席を選んでいますか。

ビジネスのためでも、休暇目的でも、飛行機内では、できるだけ快適な時間を過ごしたいものです。長時間の移動のときは、特にそうですよね。

窓側、通路側、飛行機の前方、後方・・・それまでの経験や、色々なサイトの体験談をもとに決めることもあるのでは。

SeatGuru(シートグル)というサイトを、使ったことはありますか。

座席指定をするページの情報量は、航空会社によって、差がありますよね。情報が充実している航空会社のときは、そのまま座席指定に進めますが、掲載されている情報が少ない航空会社のときは、この SeatGuru(シートグル)というサイトが役に立ちます。

SeatGuru(シートグル)の見方と使い方を紹介します。

 

 

SeatGuru(シートグル)の見方と使い方

「シートグル」は、旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」が運営しているサイトです。

トリップアドバイザーは、ホテルや観光地の口コミが集まっているので、旅行前にチェックする人も多いのでは。複数のホテルサイトを一括検索できるのも、便利ですよね。

 

そんなトリップアドバイザーが運営する SeatGuru のトップページは、こちら

 

使い方は、いたってシンプルです。

トップページの Airline の欄に利用する航空会社名を、Date に搭乗日を、Flight # に便名を入力して、Find をクリックします。

便名が分からない場合は、黄色の線 ( ↓ ) で囲った Don’t know your flight #? をクリックすると、出発地と到着地を入力するスペースに変わるので、それぞれ入力して、Find をクリックします。

 

日本航空の東京ーシンガポールで検索してみると、次のような結果が表示されました。

 

見たいフライトをクリックすると、次に進みます。

左上に機種名、右上に座席数と、シートピッチが載っています。

 

ページをスクロールすると、座席の見方があります。

緑の座席は「良い席」、黄色は「要注意な席」、赤は「悪い席」、白は「標準的な席」のように、色分けされています。

 

座席にカーソルを合わせると、その座席についてのコメントが表示されます。

座席番号 49D にカーソルを合わせると、「 49D は、標準的なエコノミークラスの座席です。」というコメントが表示されました。

 

「要注意な席」である、黄色の 56A を見てみると、次のようなコメントが。

「56A は、標準的なエコノミークラスの座席ですが、機体の曲線のため、狭く感じるかもしれません。」

 

「悪い席」とされている 58C を見てみると・・・

「58C は、リクライニングに制限があるかもしれません。トイレに近いので、煩わしいと感じるかもしれません。」というコメントが。

リクライニングがフルに倒せない可能性もあるんですね。一番後ろの座席なので、壁にあたってしまうのでしょうか。

 

また、次のコメントは、別のフライトのものですが、景色を楽しみたくて、窓際の席を指定する人には、大事な情報です。

「座席 52A には窓がありません。」

 

座席指定のページに、こういった情報を掲載している航空会社の場合は、そのまま座席指定できますが、詳しい情報がない航空会社を利用するときは、SeatGuru のようなサイトがあると、便利ですね。

以上、飛行機の座席選びに使える、SeatGuru(シートグル)について、でした。

 

▼おすすめの旅行先、ロットネス島▼

rottness-island

「世界一幸せな動物」クオッカ に会ってきました|ロットネスト島へのフェリーとホテル

2017-08-22

▼ロットネス島と一緒に、パースも▼

キングスパーク フレイザーアヴェニュー

パース|観光・キッチン付きホテル・オーストラリアのスーパーで買えるお土産

2017-11-07

▼シドニーに行くなら、ボンダイへ▼

bondi-beach

シドニーおすすめエリア「ボンダイ」|一人旅・暮らすように旅する人におすすめホテル

2018-07-29
Pocket