「ここだけの話・オフレコ」を英語で|off the record の意味・使い方・例文

writing




今回は、「ここだけの話」「オフレコ」という意味のイディオム、off the record を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Off the record

Off the record は、「ここだけの話」「オフレコ」「非公式な」という意味のイディオムです。

日本語としても「オフレコ」という言葉が使われていますね。

Record(記録)に残さない、記録外の、という意味です。

Reporter: Do you agree with your party’s policy on the environment?

Politician: Officially, I support my party’s policy one-hundred percent.

Reporter: And is that your personal view as well?

Politician : Off the record, I think that it is a mistake. But if you print that, I will deny saying it.

Reporter: I understand.

ーーーーーーーーーーーーーーー

記者:政党の環境問題に関する政策に、賛成ですか。

政治家:公式には、私の政党の政策を100%支持します。

記者:そしてそれは、あなたの個人的な見解と同じですか。

政治家:オフレコで言うなら、あの政策は間違っていると思います。でも、もしこれを公にしたら、そんなことは言っていない、と言いますよ。

記者:分かりました。

Harold: The official reason for the CEO’s retirement is ill health. But the real reason he is retiring is because of his lack of business sense. His poor planning has lost the company hundreds of thousands of dollars.

Kate: Wow! That’s shocking news.

Harold: Yes, it is. Of course, what I have just told you is strictly off the record. You must not tell anyone. 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ハロルド:CEOの退任理由の公式発表は、健康上の問題なんだ。でも本当の理由は、ビジネスセンスに欠けているから、退任するんだ。彼の不十分な計画のせいで、会社は莫大な損失を被ったんだ。

ケイト:えー!それは衝撃的な話。

ハロルド:うん、そうなんだ。もちろん、今言ったことは、絶対にここだけの話だよ。誰にも言ってはいけないよ。

 

 

まとめ

Off the record

「ここだけの話」「オフレコ」「非公式の」

Pocket