英語の副詞の位置【頻度を表す副詞】|否定文・現在完了形の副詞の順番も例文で確認

ice cream




副詞をどこに置くのが正しいのか、迷ったことはありませんか。

副詞の位置についての基本的なルールは、副詞の種類によって異なります。また、文章内で強調したい単語によって、副詞の位置を変えることもできます。

副詞の位置に関して重要なルールは、「動詞と目的語の間に、副詞を置くことはない」というものです。

(o)  I sometimes eat ice cream.

(x)  I eat sometimes ice cream.

この「動詞と目的語の間には置かない」というルール以外は、文章内の副詞の位置は、自由度が高い、と言えます。

副詞の種類によって、文章内の基本的な位置が異なります。何回かに分けて、副詞の種類別に、基本的な位置を整理していきます。

今回は、「頻度を表す副詞」についてです。

 

 

頻度を表す副詞の基本の位置

副詞は、基本的には、修飾したい単語のできるだけ近くに置きます。

頻度を表す副詞は、ある動作をする頻度について述べているので、動詞のそばに置くことになります。

 

動詞の前(be 動詞を除く)

頻度を表す副詞は、動詞の前に置きます。be 動詞は異なります。

Bob often talks about his dog.

ボブは、自分の犬の話をよくする。

Paul occasionally plays the piano.

ポールは、たまにピアノを弾く。

 

現在完了形は have の後

現在完了形の場合は、have の後に置きます。

I have never heard such a story.

そんな話、聞いたことがない。

 

否定文は don’t の後

否定文のときは、don’t の後に置きます。

I don’t usually drink coffee.

いつもは、コーヒーは飲まない。

 

be 動詞は、動詞の後

be 動詞のときは、動詞の後に置きます。

Japanese trains are always on time.

日本の電車は、いつも時刻表通りだ。

It is never too late to start.

始めるのに、遅すぎるということはない。

 

 

頻度を表す副詞を強調したいとき

頻度を表す副詞の基本的な位置は、上記の通りですが、副詞を強調したいときは、主語の前や、文章の最後に置くこともできます。

 

主語の前

Usually he doesn’t drink, but tonight is special.

普段、彼はお酒を飲まないが、今晩は特別だ。

I’m usually happy with my work, but sometimes I want to do something different.

基本的に、今の仕事に満足しているけれど、時々、違うことがしたくなる。

 

文章の最後

Tim: I didn’t know you and Mike were friends.

Betty: We are friends, but we don’t see each other often.

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ティム:君とマイクが友だちだって、知らなかったよ。

ベティ:友だちだよ、でも、頻繁には会わないなあ。

 

 

まとめ

頻度を表す副詞の位置について整理しました。

基本の位置

  • 動詞の前(be 動詞を除く)
  • 現在完了形は、have の後
  • 否定文は、don’t の後
  • be 動詞は、動詞の後
強調したいときの位置

  • 主語の前
  • 文章の最後
Pocket