Take と bring を使い分ける簡単なポイント|例文と練習問題でマスター

take




以下の文章で適切なのは、takebring のどちらでしょう。

1. I love this cafe! Thank you for _____ me here.

このカフェ、とっても気に入ったわ!連れて来てくれて、ありがとう。

 

2. I _____ my kinds to Disneyland last Sunday.

先週の日曜日、子供たちをディズニーランドへ連れて行った。

「OOを持って行く」「OOを持って来る」、あるいは、「OOを連れて行く」「OOを連れて来る」と言いたいときに、takebring を使いますよね。

どちらを使っても、意味は通じますが、ネイティブスピーカーは、状況に応じて使い分けています。

使い分けるのは簡単です。Takebring を使い分けるポイントをまとめました。

最後には、理解度がチェックできる練習問題もあります。

 

 

どこに物を移動するか

Takebring も、ある場所から別の場所へ物や人を移動するときに使います。「どこに移動するか」が、takebring を使い分けるポイントです。

 

Take|話し手も聞き手もいない場所へ

「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」ときに take を使います。

カフェで飲み物を買って、持ち帰ることを take away/take out と言いますよね。「今いるカフェではない場所へ、飲み物を持ち出す」→ 「話し手も聞き手もいない場所へ持って行く」= take とイメージできます。

 

Bring|話し手か聞き手がいる場所へ

Bring は、次の2つの場面で使われます

  1. 話し手のいる場所へ、物・人を移動する
  2. 聞き手のいる場所へ、物・人を移動する

 

例文で、使い方を確認しましょう。

 

 

例文で理解を深めましょう

Take

Take は、「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」です。

The weather forecast said it’s going to rain this afternoon. Take your umbrella.

午後は雨になるって、天気予報が言ってたよ。傘、持って行って。

話し手も聞き手もいない場所へ、傘を移動するので、take です。

 

I’m going to take my girlfriend to the recently opened bar.

最近オープンしたバーに、ガールフレンドを連れて行くつもり。

話し手も聞き手もいない場所へ、ガールフレンドを移動するので、take を使います。

 

I took my kinds to Disneyland last Sunday.

先週の日曜日、子供たちをディズニーランドへ連れて行った。

話し手も聞き手もいない場所へ、子供たちを移動したので、take を使います。

 

 

Bring

Bring は、「話し手か、聞き手がいる場所へ、物・人を移動する」です。

(ホームパーティにお邪魔して)

Thank you for inviting me. I’ve brought a bottle of wine.

お招きありがとう。ワインを持って来たよ。

聞き手がいる場所へ、ワインを移動したので、bring です。

 

(ジムの入会案内)

Please bring your ID to sign up.

入会手続きをご希望の方は、身分証明書をお持ちください。

話し手がいる場所へ、身分証明書を移動するので、bring を使います。

 

When I come to your place next time, I’ll bring my guitar. Let’s play some music together.

今度、君の家へ行くときは、ギターを持って行くね。一緒に演奏しよう。

聞き手がいる場所へ、ギターを移動するので、bring を使います。

聞き手が話し手の目の前にいるときに、この会話が交わされたとしても、bring を使います。その場合、「君の家」は、聞き手も話し手もいない場所で、そこへギターを移動するので、take が使われるように思えます。

話し手の頭の中では、「今度、君の家へ行くとき」の状況が展開しています。聞き手が自宅にいて、そこへギターを移動させる場面が浮かんでいます。よって、「聞き手がいる場所へ、物を移動させる」ほうの bring が使われます。

 

I love this cafe! Thank you for bringing me here.

このカフェ、とっても気に入ったわ!連れて来てくれて、ありがとう。

聞き手がいる場所へ、自分を移動してくれたので、bring を使います。

 

 

練習問題で理解度をチェック

練習問題で理解度を確認しましょう。以下の文章に適切なのは takebring どちらでしょうか。

1. おばあちゃんの家に行くとき、これを持って行ってくれる?

When you go to you grandma’s house, can you _____ this to her?

 

2. (ホームパーティに招待されて)友達を連れて行っていい?

Can I _____ my friend?

 

3. 昨日、私の家に本を忘れていったでしょ。持って来たよ。

You left your book at my place yesterday. I’ve _____ it.

 

4. (妻が夫に向かって)素敵なレストランを見つけたの。今度の金曜日に連れて行くね。

I found a cool restaurant. I’ll _____ you there next Friday.

 

5. (外出先で)気分が悪いの。家に連れて帰ってくれる?

I feel sick. Can you _____ me home?

 

6. 来週、シンガポール支社へ行くとき、このサンプル商品を持って行ってください。

When you go to the Singapore branch next week, please _____ this sample product.

 

7. 下記のものは、オーストラリアに持ち込めません。

The following items are not allowed to _____ into Australia.

 

正解はこちら。

1. おばあちゃんの家に行くとき、これを持って行ってくれる?

When you go to your grandma’s house, can you take this to her?

take =「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」

 

2. (ホームパーティに招待されて)友達を連れて行っていい?

Can I bring my friend?

bring = 「話し手・聞き手のいる場所へ、物・人を移動する」

 

3. 昨日、私の家に本を忘れていったでしょ。持って来たよ。

You left your book at my place yesterday. I’ve brought it.

bring = 「話し手・聞き手のいる場所へ、物・人を移動する」

 

4. (妻が夫に向かって)素敵なレストランを見つけたの。今度の金曜日に連れて行くね。

I found a cool restaurant. I’ll take you there next Friday.

take =「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」

 

5. (外出先で)気分が悪いの。家に連れて帰ってくれる?

I feel sick. Can you take me home?

take =「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」

 

6. 来週、シンガポール支社へ行くとき、このサンプル商品を持って行ってください。

When you go to the Singapore branch next week, please take this sample product.

take =「話し手も聞き手もいない場所へ、物・人を移動する」

 

7. 下記のものは、オーストラリアに持ち込めません。

The following items are not allowed to be brought into Australia.

bring = 「話し手・聞き手のいる場所へ、物・人を移動する」

 

 

まとめ

Takebring のどちらを使うかは、物や人の移動の方向で決まります。

       話し手も聞き手もいない場所へ → take

       話し手がいる場所、または、聞き手がいる場所へ → bring

 

使い慣れると、適切なほうが、自然と口から出てくるようになります。

 

こちらの「使い分け」は、大丈夫ですか ( ↓ ) 

library

Borrow, lend, rent, lease「貸す」「借りる」の英語の使い分け

2018-08-19

実は簡単!Wish と hope の違い・使い分けを 例文 と 練習問題 でマスター!

2018-08-08
Pocket