英語の副詞の位置【場所を表す副詞】|here, there, outside などの順番を例文で確認

map




「英語の副詞の位置についてのまとめ」の4回目です。

文章内での副詞の位置に関する、基本的なルールは、副詞の種類によって異なります。これまでに、「頻度を表す副詞」「様態を表す副詞」「時間を表す副詞」について、取り上げました。

ice cream

英語の副詞の位置【頻度を表す副詞】|否定文・現在完了形の副詞の順番も例文で確認

2018-10-29
happiness

英語の副詞の位置【様態を表す副詞】|fast, well, quickly などの順番を例文で確認

2018-11-01
hawaii

英語の副詞の位置【時間を表す副詞】|yesterday, recently などの順番を例文で確認

2018-11-02

今回は、here, there, home, abroad などの「場所を表す副詞」についてです。

 

 

場所を表す副詞の基本の位置

場所を表す副詞の基本の位置は、動詞に目的語があるかないかで異なります。

動詞に目的語がない場合は、動詞の後に置きます。目的語があるときは、目的語の後に置きます。

目的語がないとき|動詞の後

目的語がないときは、動詞の後におきます。

Laura studied abroad.

ローラは、海外で学んだ。

Julia went outside.

ジュリアは、外へ出た。

I’ll go there by taxi.

そこへは、タクシーで行くよ。

 

目的語があるとき|目的語の後

目的語があるときは、目的語の後に置きます。

I bought this book here.

この本は、ここで買った。

I’ll meet you there.

そこで会いましょう。

Philip sent me home.

フィリップが家まで送ってくれた。

 

 

場所を表す副詞を強調したいとき

場所を表す副詞は、強調したいときや、前の文や節と比較したいときに、主語の前に置かれることがあります。

主語の前

Nobody was upstairs, but here it is crowded.

上のフロアには誰もいなかったのに、ここは混んでるね。

 

 

まとめ

場所を表す副詞の、文章内での位置についてまとめました。

基本の位置

  • 目的語がないとき – 動詞の後
  • 目的語があるとき – 目的語の後
強調・比較したいときの位置

  • 主語の前
Pocket