Continuous と continual の違い




Continuous と continual の違い、ご存知ですか。

どちらの単語も、何かが続いていることを表したいときに使います。

2つの単語の違いは、何かが続くなかで、間隔があいているかどうか、です。

Continuous 絶えることなく、続いている状態を示す

Continual  間隔をおきながら、頻繁に起き、続いている状態を示す

 

Continuous は途切れることなく、continual は間を空けながら続く、です。

 

雨を例に見てみましょう。

Continuous rain 止むことなく、ずっと降り続けている雨

Continual rain ときどき止む雨

 

それぞれの単語のイメージ、つかめましたか。

もっと、例文を見てみましょう。

 

Continuous 「絶え間ない」

The brain requires a continuous supply of oxygen.

脳は、絶え間ない酸素の供給を必要とする。

 

The flow of the Ganges is continuous.

ガンジス河の流れは絶えることがない。

 

The earth orbits around the sun continuously.

地球は、太陽の周りを絶え間なく回っている。

* continuously は、continuous の副詞形

いずれも、途絶えることなく、続くものですね。

 

Continual「間隔をおいて、頻繁に」

Since building construction started in the neighborhood, the continual noise has been bothering me.

近所で工事が始まって以来、繰り返される騒音に悩まされている。

 

The shop raised the price continually.

その店は、頻繁に値上げをした。

* continually は、continual の副詞形

こちらは、間隔はおきながら、続いている状態を表しています。

 

話題になっているテーマによっては、例えば、医学や化学などの分野では、continuous か continual によって、文章の意味が大きく変わるので、どちらを使うか注意が必要です。

 

Pocket