Farther と further(far の比較級)の違いを例文で確認

fartherとfurtherの使い分け




英語中級者以上でも、使い分けがあやふやな単語ってありますよね。Fartherfurther の違い、説明できますか。

「ねえ、fartherfurther って、どう違うんだっけ?」と、友人からの質問。質問した友人は、英語中級者どころか、英語圏出身。

ネイティブでも、あいまいになる fartherfurther について、説明します。

 

 

Farther と further に共通すること

  • どちらも、far の比較級
  • 形容詞でもあり、副詞でもある

 

Farther と further のちがい

基本的には

1. Farther は、物理的な距離について使う

2. Further は、比喩的な距離について使う

また

3. Further は、動詞でもある

 

1. Farther が修飾する物理的な距離とは

メートルやマイルではかれる、目に見える距離について、使います。

They couldn’t go any farther. The road was blocked.

彼らは、それ以上進めなかった。道がふさがれていた。

The cake shop was far from the station but the bakery was even farther.

ケーキ屋は駅から遠かったが、パン屋はさらに遠かった。

How much farther is it to Yokohama?

横浜まで、あとどれくらい?

 

 

2. Further が修飾する抽象的な距離とは

物理的には、はかることができない量などについて、使われます。

Let’s discuss it further.

それについて、もっと話し合おう。

Please do not hesitate to contact us, if you have any further questions.

他にご質問がありましたら、どうぞお知らせください。

 

 

3. 動詞でもある further

動詞としては、「進める、促進する、助長する」という、意味をもちます。

I took the new job to further my career.

キャリアを促進させるために、新しい仕事に就いた。

We hope to further friendly relations between Australia and Japan.

オーストラリアと日本の友好関係が深まることを望んでいます。

 

Fartherfurther のちがいは、物理的な遠さであるか、抽象的・感覚的な遠さであるか、です。

わたしの友人のように、英語ネイティブでも、この違いがあやふやな人はいます。また、昔は、どちらも同じように使われていた、という説もあります。

そのため、further を使うべき文で 、farther を用いる人に出会ったり、その逆の使い方をした文章を目にしたりもします。

Pocket