「いちかばちか・失敗すると後がない」を英語で|sink or swim の意味・使い方・例文

swim




今回は、「いちかばちか」「失敗すると後がない」「やるしかない」という意味のイディオム、sink or swim を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Sink or swim

Sink or swim は、普通に訳すと「沈むか、泳ぐか」ですね。

イディオムとしては、「いちかばちか」「失敗すると後がない」「やるしかない」といった状況を表すときに使います。

Stan: We need to increase the company’s profit margin, or we’ll have to close down.

Gary: Is it really that serious?

Stan: Yes. It’s a sink or swim situation.

Gary: I see. Let’s make sure that we succeed.

ーーーーーーーーーーーーーーー

スタン:我が社の利益率を上げる必要がある、さもないと、廃業しなければならなくなる。

ゲイリー:本当にそんなに深刻なのかい?

スタン:そうだよ。失敗すると後がない状況だ。

ゲイリー:分かった。絶対に上手くやろう。

Sarah: How did you become such a successful manager?

Harry: When I started working as a junior manager, I wasn’t given much support by my seniors. I was left to sink or swim by my own efforts.

Sarah: That sounds tough.

Harry: It was very tough, but it made me a much more independent and effective manager.

ーーーーーーーーーーーーーーー

サラ:どうやって、マネージャーとして、今みたいな成功をおさめたの?

ハリー:ジュニアマネージャーとして仕事を始めたとき、先輩たちから、あまり助けてもらえなかったんだ。自分の頑張りだけでやるしかない、っていう状況に置かれたんだ。

サラ:それは大変そう。

ハリー:とても大変だったよ、でもそのお陰で、以前よりもずっと仕事を自主的に、そして効率的に進められるマネージャーになれたんだ。

 

 

まとめ

Sink or swim

「いちかばちか」「失敗すると後がない」「やるしかない」

Pocket