「万が一に備える」を英語で|save for a rainy day の意味・使い方・例文

rain




今回は、「万が一に備える」「いざというときのために蓄える」という意味のイディオム、save for a rainy day を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Save for a rainy day

Save for a rainy day は、「万が一に備える」「いざというときのために蓄える」という意味で使われているイディオムです。

A rainy day は、普通に訳すと「雨の日」ですが、イディオムとしては、「万が一のとき」「まさかのとき」という意味で使われています。

Barry: Hi, Phil. What’s new?

Phil: Well, I suddenly lost my job last month and I’m having trouble finding a new one.

Barry: I’m sorry to hear that. Is there anything that I can do to help? I could lend you some money…

Phil: Thanks, anyway. I have enough money saved to deal with this setback. My parents taught me from a young age to save for a rainy day. But I appreciate your offer.

ーーーーーーーーーーーーーーー

バリー:やあ、フィル。最近どう?

フィル:実は、先月突然失業して、その後、新しい仕事を見つけられずにいるんだ。

バリー:それは大変だね。僕に何かできることはある?お金も貸せるよ・・・

フィル:ありがとう。今回の問題に対応するのに十分なお金は貯めてあったんだ。いざというときに備えておけって、両親に子どものころから言われてたから。でも、心遣いに感謝するよ。

Mother: Is that another new dress!?

Daughter: Yes. It’s lovely, isn’t it?

Mother: You really should stop spending so much money on clothes!

Daughter: But I need to be fashionable and I earn a good salary.

Mother: You never know what might happen in the future. You should start saving for a rainy day.

ーーーーーーーーーーーーーーー

母親:また新しいドレス!?

娘:うん。素敵でしょ?

母親:そんなにたくさんのお金を洋服にかけるの、本当に止めないと!

娘:でもおしゃれしないといけないし、いいお給料もらってるし。

母親:将来、何が起きるかなんて、分からないでしょう。万が一に備えて、貯金し始めるべきよ。

 

 

まとめ

Save for a rainy day

「万が一に備える」「いざというときのために蓄える」

Pocket