「鉄は熱いうちに打て・チャンスを逃すな」を英語で|strike while the iron is hot の意味・使い方・例文 

fire




今回は、「鉄は熱いうちに打て」「チャンスを逃すな」という意味の表現を紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Strike while the iron is hot

日本語の「鉄は熱いうちに打て」には、2つの意味があります。「手遅れになる前に、行動しなさい」と、「教育を施すなら、若いうちに」というものです。

英語の  strike while the iron is hot (鉄は熱いうちに打て)は、1つ目の「手遅れになる前に、行動しなさい」という意味で使われます。

Sam: I recommend that you buy that house before someone else does.

Meg: Do you really think so? Is it necessary to decide so quickly?

Sam: Absolutely. This neighbourhood is very popular. You really should contact the seller immediately. I recommend that you strike while the iron’s hot. Otherwise, you will regret it.

ーーーーーーーーーーーーーーー

サム:他の人の手に渡る前に、あの家を購入したほうがいいよ。

メグ:本当にそう思う?そんなに急いで決める必要あるかな?

サム:間違いなく。このエリアは、とても人気があるんだ。売主に、ホントに今すぐ連絡すべきだよ。チャンスは逃しちゃだめだよ。じゃないと、後悔するよ。

Brian: You want to buy some new clothes, don’t you?

Sally: Yes, that’s right.

Brian: Did you know that there’s a big bargain sale on at the department store today and tomorrow?

Sally: Yes, I know. I’m going to go there tomorrow.

Brian: Tomorrow? Why don’t you go there today? You should strike while the iron’s hot. If you wait until tomorrow, it’s possible that all the nice clothes will have been sold.

Sally: I guess you’re right. Do you want to go with me?

Brian: Sure. Let’s go now.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ブライアン:新しい服、買いたいんでしょ?

サリー:うん、そう。

ブライアン:今日と明日、デパートでバーゲンやってるって、知ってた?

サリー:知ってる。明日、行くつもり。

ブライアン:明日?どうして今日、行かないの?鉄は熱いうちに打たないと。明日まで待ったら、素敵な服は全部、売れちゃうかも。

サリー:そうかもね。一緒に行く?

ブライアン:もちろん。今から出かけよう。

 

 

まとめ

Strike while the iron is hot

「鉄は熱いうちに打て」「チャンスを逃すな」

Pocket