英語の副詞の位置【強調を表す副詞】|so, really, only, just, enough などの順番を例文で確認

dogs




副詞は、修飾したい単語のできるだけ近くに置くのが基本ですが、副詞の種類によって、基本の位置が異なります。

これまでに、4つの種類の副詞、「頻度を表す副詞」「様態を表す副詞」「時間を表す副詞」「場所を表す副詞」の位置についてまとめました。

ice cream

英語の副詞の位置【頻度を表す副詞】|否定文・現在完了形の副詞の順番も例文で確認

2018-10-29
happiness

英語の副詞の位置【様態を表す副詞】|fast, well, quickly などの順番を例文で確認

2018-11-01
hawaii

英語の副詞の位置【時間を表す副詞】|yesterday, recently などの順番を例文で確認

2018-11-02
map

英語の副詞の位置【場所を表す副詞】|here, there, outside などの順番を例文で確認

2018-11-05

今回は、so, only, just のような「強調を表す副詞」取り上げます。

「強調を表す副詞」は、「修飾したい単語のできるだけ近くに置く」という副詞の基本が、そのまま当てはまるので、文章内のどこに入れるかで、迷うことは少ないでしょう。

 

 

強調を表す副詞の位置

副詞は、名詞、形容詞、動詞を修飾します。強調を表す副詞は、修飾したい単語の直前に置きます。

修飾する単語の直前に置く

Those dogs are so cute.

その犬たちは、とってもかわいい。

It was extremely cold.

ものすごく寒かった。

Kate studied really hard.

ケイトは、本当に一生懸命、勉強した。

I’ve just heard the story.

たった今、その話を聞いたところだよ。

Only I arrived on time.

時間通りに着いたのは、私だけだった。

 

 

Enough は、修飾する単語の後に置く

ほとんどの強調を表す副詞は、修飾する単語の前に置きますが、「十分」を意味する enough は、修飾する単語の後に置きます。

Bob is strong enough to carry the heavy box.

ボブは、その重い箱を運べるだけの力がある。

Seven o’clock is early enough to leave to avoid a traffic jam.

渋滞を避けるために、7時に出れば十分だ。

 

 

副詞の位置によって、文章の意味が変わる

強調を表す副詞は、修飾したい単語の直前に置きます。よって、置く場所によって、文章の意味が変わってきます。

Only を使った例文で、意味の違いを確認しましょう。

Only I ate the chocolate.

私だけが、チョコレートを食べた。(他の人は食べなかった)

I only ate the chocolate.

チョコレートを食べただけだ。(他のことはしていない)

I ate only the chocolate.

チョコレートだけを食べた。(他のものは食べていない)

 

 

まとめ

強調を表す副詞の、文章内での位置についてまとめました。

基本の位置

  • 修飾する単語の直前
  • enough は、修飾する単語の後
Pocket