「不器用・手元がおぼつかない」を英語で|all thumbs の意味・使い方・例文

hands




今回は、「不器用」「手元がおぼつかない」という意味のイディオム、 all thumbs を取り上げます。

 

読みたい項目へジャンプ

 

All thumbs 

All thumbs は、「不器用」「手元がおぼつかない」という意味です。

Thumb は「親指」ですね。All thumbs は、全部の指が親指であるかのように、細かいことができない様子を表します。

日本語で「不器用」と言うと、生まれついてのものであったり、ずっと変わらない性質を指したりしますが、英語の all thumbs は、「(今日は)手元がおぼつかない」「ぎこちない」のように、一時的な状態にも使います。

Mike: I want to start a new hobby.

Carl: Why don’t you take up the piano?

Mike: No, I could never be a pianist.

Carl: Why not?

Mike: I’m not good with my hands. I’m all thumbs.

ーーーーーーーーーーーーーーー

マイク:新しい趣味を始めたいんだ。

カール:ピアノを始めたらどう?

マイク:いや、ピアノが弾けるようには、絶対ならないよ。

カール:なんで?

マイク:手を使うことは、苦手なんだ。不器用なんだ。

Betty: Are you OK?

Carmen: Why do you ask?

Betty: Well, in the past five minutes you’ve spilled your coffee and dropped your cell phone.

Carmen: I guess that I am all thumbs today, aren’t I?

ーーーーーーーーーーーーーーー

ベティ:大丈夫?

カルメン:なんで?

ベティ:えーと、この5分の間に、コーヒーをこぼして、携帯電話を落としたでしょ。

カルメン:今日は、私、手元がおぼつかないみたいね。

 

 

まとめ

All thumbs

「不器用」「(一時的に)手元がおぼつかない」

Pocket