「ごくたまに」を英語で|once in a blue moon の意味・使い方・例文

moon




今回は、「ごくたまに」という意味のイディオム、once in a blue moon を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Once in a blue moon

Once in a blue moon は、「ごくたまに」という意味のイディオムです。

このイディオムの由来は諸説ありますが、よく知られているのは、次のものです。

Blue moon は文字通り「青い月」を意味し、特別な気象条件のときだけ、月が青く見える。そして、それは滅多にない、という説。

1か月に満月が2度あるのは珍しいことで、blue moon は、そのことを指す、という説。

Once in a blue moon は元々、once in a moon という表現であり、moonmonth を意味する。つまり、once a month(1か月に1度)という意味だったものに、blue が付けられ、1か月に1度よりも頻度が少ないことを表すようになった、という説。

このように諸説ありますが、いずれにしても、「めったにないこと」「珍しいこと」というものが転じて、「ごくたまに」という意味の表現となったようです。

Penny: Do you like sports?

Phil: Not really, but I play tennis once in a blue moon.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ペニー:スポーツは好き?

フィル:あんまり、でも、ごくたまにテニスをするよ。

Margaret: How often do you go to the cinema?

Ken: I go once or twice a month. I love movies. How about you?

Margaret: I go to the cinema once in a blue moon, but only if there is a movie that I really want to watch on the big screen. Mostly, I prefer to watch DVDs at home.

ーーーーーーーーーーーーーーー

マーガレット:映画館には、どれくらい行くの?

ケン:1か月に1回か2回。映画が大好きなんだ。マーガレットは?

マーガレット:映画館へは、ごくたまに行く。でもそれは、大きなスクリーンで本当に見たい映画があるときだけ。たいていの場合、家でDVDを見るほうが好き。

 

 

まとめ

once in a blue moon

「ごくたまに」

Pocket