「同じ境遇にある」を英語で|in the same boat の意味・使い方・例文

boats




今回は「同じ境遇・立場にある」という意味のイディオム、in the same boat を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

In the same boat

In the same boat は、「同じ境遇・立場にある」という意味のイディオムです。

We’re all in the same boat. (私たちはみんな、同じボートに乗っている)のように使います。

同じボートに乗っているので、経験することも同じ、という表現です。ネガティブな状況についてのみ使い、ポジティブな場面では使いません。

Bill: Oh, no! I just got an e-mail from the boss. He wants me to work on Saturday and Sunday this weekend.

Ken: I know. He sent that e-mail to every staff member, so we’re all in the same boat.

Bill: I can’t believe it! I made plans to go fishing with my son this weekend.

Ken: I know how you feel. I’ll have to cancel plans for this weekend, too.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ビル:うわぁ!上司からたった今メールが届いたよ。今週末、土曜も日曜も働いて欲しいって。

ケン:知ってる。スタッフ全員にそのメールを送ってる。だから、僕たちはみんな、同じ境遇にあるよ。

ビル:信じられないよ!今週末は、息子と釣りに行く計画を立てたのに。

ケン:気持ち分かるよ。僕も、週末の予定をキャンセルしなくちゃならないよ。

Sarah: I can’t believe it! Our flight has been delayed for another three hours. Why does this always happen to me?

Gary: Listen, Sarah. We’re all in the same boat and complaining won’t change the situation. Why don’t you go duty-free shopping again and calm down?

Sarah: I guess that’s the only thing to do when you are stuck in an airport all day.

ーーーーーーーーーーーーーーー

サラ:信じられない!フライトが、さらに3時間も遅れるなんて。どうしていつも、こんな目に合うの?

ゲイリー:ねえ、サラ。僕たちみんな同じ境遇だし、不満を言っても、状況は変わらないよ。もう一度免税店で買い物して、気分を落ち着かせたら?

サラ:一日中、空港に足止めされたときにできることって、それだけだよね。

 

 

まとめ

In the same boat

「同じ境遇・立場にある」

Pocket