「過去は水に流そう」を英語で|let bygones be bygones の意味・使い方・例文

children




今回は、「過去は水に流そう」という意味のイディオム、let bygones be bygones を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

▼「仲直り」にまつわる英語はこちら▼

hatchet

「仲直りする」を英語で|bury the hatchet の意味・使い方・例文

water

「もう済んだこと」「もう過ぎたこと」を英語で|water under the bridge の意味・使い方・例文

 

Let bygones be bygones

Bygones は、「過去におきたこと」「過去のこと」という意味です。

Let bygones be bygones で、「過去におきたことは、過去のこととしよう」です。

「過ぎたことは水に流そう」という意味で使われています。

Sarah: Did I see you with Amy at the shopping mall last weekend?

Jane: Yes. We were buying some things to take with us on our trip to Paris next month.

Sarah: So you and Amy are friends again? I thought that you were both angry with each other.

Jane: We decided to let bygones be bygones. Life is too short for fighting.

ーーーーーーーーーーーーーーー

サラ:先週末、エイミーと一緒に、ショッピングモールにいた?

ジェーン:うん。来月、一緒にパリに行くから、その買い物をしてたの。

サラ:じゃあ、エイミーと友だちに戻ったの?2人とも、お互いに、腹を立ててると思ったけど。

ジェーン:過ぎたことは、水に流すことにしたの。人生短いんだから、ケンカをして過ごしたらもったいないでしょ。

Ted: I saw in the newspaper that the director Alfred Bellows is planning to make a new movie with Angela Sanders.

Kathy: Really? I thought that they would never work together again.

Ted: It seems that they have let bygones be bygones.

Kathy: Maybe they both realised that they need each other to be successful.

Ted: Maybe.

ーーーーーーーーーーーーーーー

テッド:映画監督のアルフレッド ベロウズが、新しい映画をアンジェラ サンダーズと撮る予定だって、新聞で読んだよ。

キャシー:本当?2人が組むことなんて、もうないと思ってた。

テッド:過去は水に流すことにしたみたいだよ。

キャシー:成功するにはお互いが必要だって、2人とも気がついたのかも。

テッド:かもね。

 

 

まとめ

Let bygones be bygones

「過ぎたことは水に流そう」

「過去におきたことは、過去のこととしよう」

Pocket