「もう済んだこと・過ぎたこと」を英語で|water under the bridge の意味・使い方・例文

water




今回は、「もう済んだこと」「昔のこと」「もう過ぎたこと」という意味のイディオム、water under the bridge を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Water under the bridge

Water under the bridge は、「もう済んだこと」「昔のこと」「もう過ぎたこと」という意味のイディオムです。

Water under the bridge を普通に訳すと、「橋の下の水」ですね。橋の下の水(川)は、どんどん流れて行きます。それが転じて、「もう過ぎてしまったこと」「過去のこと」という意味で使われている表現です。

Bob: Are you going to Phil’s party this weekend?

Betty: Yes, I am.

Bob: Do you want me to drive you to the party?
 
Betty: Are you going!? I thought that you and Phil hated each other.
 
Bob: Oh, that was years ago. It’s all water under the bridge now. Actually, Phil called me last week and we decided that it was stupid for us to continue being upset about something that happened twenty years ago in our college days.
 
Betty: Well, I’m glad to hear that you and Phil are friends again.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ボブ:今週末、フィルのパーティーに行く予定?

ベティ:うん。

ボブ:僕の車に乗って行く?

ベティ:パーティーに行くの!?フィルとはお互い、嫌い合ってると思ってた。

ボブ:ああ、それはもう何年も前のことだよ。今となっては、もう過ぎたことだよ。実は、先週フィルから電話があって、20年前の学生時代に起きたことで、ずっと気分を害しているのはバカだよねって、話したんだ。

ベティ:そうなんだ、2人が友だちに戻れて良かったよ。

Fiona: Can you believe that Marcia invited her ex-husband to her second wedding?

Larry: I know. It’s hard to believe. But it seems that all their problems are now water under the bridge. Actually, they are quite good friends these days.
 
Fiona: I don’t even speak to any of my old boyfriends. I can’t imagine inviting one of them to my wedding.
 
Larry: I guess Marcia and her ex-husband have finally forgiven each other.

ーーーーーーーーーーーーーーー

フィオナ:マルシアが再婚の結婚式に、前の旦那さんを招待したって、信じられる?

ラリー:そうなんだよね。信じがたいよ。でも、どうやら2人の間にあった問題は全て、もう過去のことみたい。実際、最近、2人は結構仲のいい友だちなんだよね。

フィオナ:私は、元カレの誰とも話さえしないよ。元カレの誰かを結婚式に招待するなんて、想像できない。

ラリー:マルシアと前の旦那さんは、ようやくお互いを許したんだろうね。

 

 

まとめ

Water under the bridge

「もう済んだこと」「昔のこと」「もう過ぎたこと」

Pocket