「楽なことばかりではない」を英語で|no bed of roses の意味・使い方・例文

roses




今回は、「楽なことばかりではない」を意味するイディオム、no bed of roses を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

No bed of roses

A bed of roses は「バラを敷き詰めたベッド」という意味ですが、イディオムとして使われるときは「楽しいこと」「楽な暮らし」という意味になります。

No bed of roses はこの反対で、「楽なことばかりではない」という意味を表す表現です。

Jake: What’s it like being a gardener?

Darrel: Oh, it’s great. I love working outside in the fresh air.

Jake: It sounds like fun.

Darrel: But it’s no bed of roses. Working outside in summer can be very uncomfortable. The temperature sometimes gets up to 40°C. And there are mosquitoes and spiders as well.

Jake: I see. So, it sounds much harder than I thought.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ジェイク:庭師の仕事って、どんな感じ?

ダニエル:最高だよ。屋外の新鮮な空気の中で仕事するのが、好きなんだ。

ジェイク:楽しそうだね。

ダニエル:でも、いいことばかりじゃないよ。夏に屋外で仕事するのは、ものすごく不快なこともあるよ。気温が40度まで上がることもあるし。蚊と蜘蛛もいるしね。

ジェイク:そうなんだ。つまり、僕が思ってたよりも、大変なんだね。

Melissa: You are so lucky to be a flight attendant. You can fly all over the world and get paid to do it!

Karen: That’s true. But, it’s no bed of roses. I have to work very hard during flights. I have to stand up for hours and serve the passengers. And long flights are really exhausting.

Melissa: I guess it’s not as easy as I thought it was.

ーーーーーーーーーーーーーーー

メリッサ:フライトアテンダントをしてるなんて、とてもラッキーね。世界中に行けて、その上、お給料ももらえて!

カレン:そうね。でも、楽しいことばかりじゃないよ。フライトの間は、ものすごくたくさん働かなくちゃいけないの。何時間も立ちっぱなしで、お客さんにサービスしなくちゃいけないし。長時間のフライトは、本当に疲れるし。

メリッサ:私が思ってたほど、楽じゃないのね。

 

 

まとめ

No bed of roses

「楽なことばかりじゃない」

Pocket