「少しも楽しくない・大変」を英語で|no picnic の意味・使い方・例文

picnic




今回は、「少しも楽しくない」「大変」を意味するイディオム no picnic を、例文と共に紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

No picnic

No picnic は、「少しも楽しくない」「大変」を意味するイディオムです。

No picnic を直訳すると、「ピクニックではない」という意味ですね。ピクニックは楽しいイベントです。転じて、イディオムとしては、ある行為を楽しめなかったり、それが大変だったりするときに使われます。

Daniel: I heard that you work at a bakery. It sounds like an interesting job. What’s it like being a baker?

Chris: Well, starting work at four o’clock every morning is no picnic. But except for that, I love it.

Daniel: Wow! I could never wake up that early for work.

Chris: Actually, you get used to it after a while. Anyway, I finish by noon, so I have a lot of free time every afternoon.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ダニエル:パン屋さんで働いてるんだって?面白そうだね。パン職人って、どんな感じ?

クリス:そうだねえ、毎朝4時に仕事が始まるのは、楽じゃないね。でもそれを除けば、いい仕事だよ。

ダニエル:わあ!仕事のためにそんなに早く起きるなんて、僕は無理だよ。

クリス:しばらくたてば慣れるものだよ。どっちにしろ、お昼までには終わるから、毎日午後は、自由な時間がたっぷりあるんだ。

Kelly: It must be exciting living in Tokyo.

Alex: Yeah, it is. But I live about an hour away from my office, so taking the train during rush hour is no picnic. It’s so crowded and I can never get a seat.

Kelly: I see. So, is it stressful living there?

Alex: Apart from rush hour, I love it. There are so many interesting things to see and do in Japan.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ケリー:東京に住むのって、楽しいでしょう。

アレックス:うん。でも、会社から1時間くらいのところに住んでて、ラッシュアワーに電車に乗るのは大変だよ。

ケリー:そうなんだ。じゃあ、東京に住むのって、ストレスたまる?

アレックス:ラッシュアワー以外は、大好きだよ。日本には、観光したり、体験したりする面白いものが、ものすごくたくさんあるんだ。

 

 

まとめ

No picnic

「少しも楽しくない」「大変」

Pocket