「用心する・慎重になる」を英語で|once bitten, twice shy の意味・使い方・例文

puppy




今回は、「慎重になる」「用心する」を意味するイディオム、once bitten, twice shy を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Once bitten, twice shy

Once bitten, twice shy は、「慎重になる」「用心する」と言いたいときに使われているイディオムです。

Once bitten(一度噛まれた)、twice shy(2度目は用心する)で、「慎重になる」「用心する」という意味の表現です。

Henry: Do you think Bill will ever get married again?

Paul: I’m not sure. He was really hurt when his marriage ended.

Henry: Yes, I agree. It’s a case of once bitten, twice shy.

Paul: I’m afraid so.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ヘンリー:ビルはいつかまた、結婚すると思う?

ポール:どうかな。結婚生活が終わったとき、ひどく傷ついたからね。

ヘンリー:うん、そうなんだよね。一度痛い目を見て、慎重になるパターンだよね。

ポール:残念ながら、そうだね。

Jake: You look upset. What’s wrong?

Betty: I need to buy another car.

Jake: Why? What happened to your old one?

Betty: It finally died last weekend on the freeway. My mechanic said that it can’t be fixed, so I’ll have to buy another used car.

Jake: Will you buy it from the same car dealership again?

Betty: No way! The car had so many problems. I shouldn’t have trusted the car salesman.  Once bitten, twice shy. This time I will definitely go to another dealer.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ジェイク:何かあったみたいだね。どうしたの?

ベティ:車を買わなくちゃいけないの。

ジェイク:どうして?今ある車は?

ベティ:先週末ついに、高速道路で動かなくなったの。修理工が直せないって言うから、中古車を買わないと。

ジェイク:また同じ店で買うの?

ベティ:まさか!今の車は、トラブルが本当に多かったの。車を売った営業の人を信じるんじゃなかった。今度は気をつけるよ。今回は、絶対別のお店に行く。

 

 

まとめ

Once bitten, twice shy

「慎重になる」「用心する」

Pocket