複合形容詞|long-lasting, down-to-earth など

hands




Long-lasting は「長持ちする」、down-to-earth は「地に足がついた」、warm-hearted は「思いやりがある」のように、複数の単語をハイフンでつなぐと、形容詞として使うことができます。

これらは「複合形容詞」と呼ばれるものです。

単語をハイフンでつなぐだけで、それぞれの単語が持っている意味をベースとした新たな言葉を生み出すことができます。ボキャブラリーを簡単に増やす方法の1つです。

複合形容詞の基本について、まとめました。

 

 

複数の単語をつなげて形容詞を作る

複数の単語をハイフンでつなげるだけなので、複合形容詞は、無限に作り出すことができると言えます。

以下は、よく使われる複合形容詞の一例です。

eye-catching      人目を引く

mouth-watering よだれが出そうな、食欲をそそる

good-looking     見た目のいい

world-famous     世界的に有名な

open-minded      偏見のない、頭が柔らかい

family-friendly       家族向けの

last-minute            間際の

strong-willed         意志の強い

 

自由に作り出せる複合形容詞ですが、注意する点が2つあります。

 

複合形容詞を使うときのポイント

1. 副詞+形容詞

ほとんどの単語(品詞)は、複合形容詞にすることができます。

上記の例で言えば、eye-catching は「名詞+現在分詞」で、world-famous は「名詞+形容詞」、last-minute は「形容詞+名詞」です。

ほとんどの品詞を組み合わせることができますが、「副詞と形容詞の組み合わせ」では、複合形容詞を作ることができません。正確には、複合形容詞にする必要がありません。

複合形容詞は、そのままでは名詞を修飾できない単語をハイフンでつなぐことによって、形容詞としての機能を与えるものです。

副詞は形容詞を修飾し、形容詞は名詞を修飾するものなので、複合形容詞にしなくても、後に続く名詞を修飾することができます。

例えば、a very hot day は、very-hot のように、ハイフンでつなぎません。ハイフンがなくても、副詞である very は 形容詞である hot を修飾しています。

ハイフンでつなぐ複合形容詞にしなくても、very hot の後にある day を修飾することができるので、そのままで使います。

 

2. 単数形にする

a three-year-old daughter

a ten-day holiday

「私の娘は3歳です」というときは、My daughter is three years old. のように years が複数形になりますが、複合形容詞として使うときは、three-year-old のように、単数形になります。

同様に、「10日間の休暇」も、a ten-days holiday ではなく、a ten-day holiday です。

 

 

まとめ

使い勝手のいい複合形容詞について、まとめました。

複合形容詞を使うときの注意点

  1. 「副詞+形容詞」の組み合わせはできない
  2.  単数形にする(例:three-year-old daughter

 

複合形容詞と同じように、便利に使える- ish についてはこちら ( ↓ ) 

clock

英語ネイティブがよく使う -ish|「~時ころ」「~歳くらい」「~風な」の言い方

2018-08-01
Pocket