「誰も敵わない・最高」を英語で|second to none の意味・使い方・例文

pancake




今回は、誰にも負けない」「敵う人はいない」「最高」という意味で使われている表現、second to none を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Second to none

Second to none は、「誰にも負けない」「敵う人はいない」「最高」という意味で使われている表現です。

Second(2番目)to none(誰に対してもない)=「誰に対しても、2番目になることはない」=「誰よりも優れている」という意味です。

人についても、物についても使えます。

Raymond: I really recommend that restaurant. Their pancake is second to none.

Martin: OK. I’ll go there this afternoon and try it.

Raymond: I’ll come with you.

ーーーーーーーーーーーーーーー

レイモンド:あのレストラン、本当におすすめだよ。パンケーキが、どこのお店よりも美味しいんだ。

マーチン:そうなんだ。今日の午後行って、食べてみるよ。

レイモンド:一緒に行くよ。

Steve: I think that David Bowie has the best voice in pop music.

Wendy: I agree. As a singer, he is second to none. But, as a performer, I think that Mick Jagger is the best.

Steve: That’s true.

ーーーーーーーーーーーーーーー

スティーブ:ポップミュージックでは、デビット ボウイが一番いい声をしてる思う。

ウェンディ:私もそう思う。歌手としては、彼に敵う人はいないよ。でも、パフォーマーとしては、ミック ジャガーが一番だと思う。

スティーブ:そうだね。

 

 

まとめ

Second to none

誰にも負けない」「敵う人はいない」「最高」

Pocket