For と to の違い・役割|He left Paris、He left for Paris、He went to Paris の違い




下記の2つの文章の違いは、何でしょう?

He left Paris.

He left for Paris.

2つ目の文章に前置詞の for が入っていますね。

For があることで、この2つの文章の意味が正反対になります。前置詞を1つ入れただけで、どうして正反対の意味になるのでしょう。

よく使う for の前置詞としての役割をいま一度確認しましょう。

また、He left for Paris. と He went to Paris. を通して、for と to の違いについても復習しましょう。

 

 

前置詞「 for 」は「対象を求めて向かう」

For には、様々な用法がありますが、全ての用法の土台となる意味は、「対象を求めて向かう」です。

冒頭の例文をあげます。

He left Paris. 彼はパリを離れた。

He left for Paris. 彼はパリへ向かった。

Paris の前に “for” が入ることで Paris は、求められる対象=目的地となり、「パリへ向かった」と意味が変わりました。

 

目的地を示す for の例文です。

This train is bound for Kyoto.

この電車は京都行きです。

 

Is this the bus for Nagano?

これは長野行のバスですか。

それぞれ、京都、長野という目的地が示されていますね。

 

for と to の違い

前置詞 to も、「~に行く、向かう」と言いたいときに、よく使いますよね。

では、下記の2つの文章の違いは何でしょうか。

He left for Paris.

He went to Paris.

どちらの文章も、「彼がパリへ行ったこと」を伝えています。

For も to も、ある場所へ向かうことを表しますが、決定的な違いがあります

For は、その方向へ向かうことのみを示し、到着したことまでは含みません。一方、to は、到着点そのものを示します。

よって、先の例文は次のようになります。

He left for Paris.

彼はパリへ向かった。(パリに着いたかどうかは示されていない)

He went to Paris.

彼はパリへ行った。(すでに到着した)

意味が変わりますね。

 

“I love you to the moon and back.” という表現を聞いたことはありますか。

「あなたのことが大好き」という意味の表現です。月に到着して、戻ってくるくらい、ということですね。For ではなく、to が使われています。

 

まとめ

For  対象を求めて向かう=目的地
     目的地に着いたかどうかは含まれない

To    到着点そのものを示す

 

よく使う for、to のおさらいでした。

 

Pocket