「口出しする・干渉する」を英語で|stick one’s nose into の意味・使い方・例文

cat




今回は、「口出しする」「干渉する」「詮索をする」という意味のイディオム、stick one’s nose into を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

Stick one’s nose into

Stick one’s nose into は、「口出しする」「干渉する」「詮索をする」という意味のイディオムです。

Stick one’s nose into を普通に訳すと、「鼻を~に突っ込む」ですね。

Nosey が「詮索好き」「おせっかい」を意味するように、stick one’s nose into で「口出しする」「干渉する」「詮索をする」という意味になります。

Stick の代わりに、poke を使った poke one’s nose into という表現もあります。

Brian: My little sister is such a nosey person!

Nathan: Why?

Brian: I just caught her reading my diary.

Nathan: That’s terrible. A diary is a very personal thing. We write all our personal secrets and dreams in our diaries.

Brian: I know. That’s why I’m so angry. My sister is always sticking her nose into my personal business.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ブライアン:僕の妹って、本当に詮索好きだよ!

ネイサン:どうして?

ブライアン:さっき、僕の日記を読んでるのを見つけたよ。

ネイサン:それはひどいね。日記って、とても個人的なものだよ。誰にも言えない秘密や夢を全部、日記には書くよね。

ブライアン:そうなんだよ。だからこんなに怒ってるんだ。妹はいつも、僕のプライベートなことを詮索してくるんだ。

Wendy: My new neighbour asks too many personal questions.

Betty: Really?

Wendy: Yes. He likes to poke his nose into other people’s private matters. And he likes to gossip too.

Betty: I advise you to avoid talking with him.

Wendy: That’s what I intend to do.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ウェンディ:新しいお隣さん、個人的なことをものすごくたくさん質問してくるんだ。

ベティ:そうなの?

ウェンディ:うん。他人のプライベートなことに口を出すのが好きなんだ。しかも、噂話をするのも好き。

ベティ:その人と話をしないようにした方がいいよ。

ウェンディ:そうするつもり。

 

 

まとめ

Stick one’s nose into/poke one’s nose into

「口出しする」「干渉する」「詮索をする」

Pocket