「我慢の限界・堪忍袋の緒が切れる」を英語で|the straw that broke the camel’s back の意味・使い方・例文

camels




今回は、「我慢の限界」「堪忍袋の緒が切れる」を意味するイディオム、the straw that broke the camel’s back を例文とともに紹介します。

 

読みたい項目へジャンプ

 

The straw that broke the camel’s back

The straw that broke the camel’s back は、「我慢の限界を超えた」「堪忍袋の緒が切れた」と言いたいときに使う表現です。

The straw that broke the camel’s back を直訳すると、「ラクダの背中を折ったわら(藁)」ですね。「限界まで荷物を積まれたラクダは、わらを1本乗せられただけで、その背中が折れてしまった」という意味です。

また、the last straw(最後のわら)という表現も、「堪忍袋の緒が切れた」という意味で使われています。

Bert: I heard that you quit your job.

Martha: Yes. I couldn’t take the pressure anymore. Last week, my boss shouted at me for a mistake that he had made. It was completely his fault, but he blamed me for his mistake. That was the straw that broke the camel’s back.

ーーーーーーーーーーーーーーー

バート:仕事を辞めたって聞いたよ。

マーサ:うん。もう、プレッシャーに耐えられなかったの。先週、上司が自分がしたミスのことで、私に怒鳴ったの。完全に彼が悪いのに、自分のミスを私のせいにしたの。我慢の限界だった。

Nelly: I broke up with my boyfriend.

Mark: I’m sorry to hear that. You and Harry seemed to be such a nice couple.

Nelly: Actually, we’d been having problems for a few years. And the last straw was when Harry forgot my birthday.

Mark: Things like that often become the straw that breaks the camel’s back.

ーーーーーーーーーーーーーーー

ネリー:彼と別れたの。

マーク:それは大変だったね。君とハリーは、とてもお似合いだったのに。

ネリー:実はこの2、3年の間、上手く行ってなかったの。ハリーが私の誕生日を忘れてたのが、最後の一押しになったの。

マーク:そういったことで堪忍袋の緒が切れること、よくあるよね。

 

 

まとめ

The straw that broke the camel’s back

「我慢の限界」「堪忍袋の緒が切れる」

Pocket