Trip, travel, journey 「旅」を意味する単語の違いと使い方

trip




Trip, travel, journey、どのように使い分けていますか。日本語でも「旅」と「旅行」のニュアンスが異なるように、英語の3つの単語も、それぞれベースとなる意味を持っています。

Trip, travel, journey の違いを整理しました。

 

 

Trip 目的地へ行って、帰ってくる・旅行

Trip は、「目的地への往復」「(一般的な)旅行」について、使われます。

現地で行う目的があり、そのために移動する

「ビジネスや学びといった現地で行う目的があり、そのために移動する」というときに trip が使われます。

business trip  出張
survey trip           調査旅行
field trip       校外学習、遠足
school trip           修学旅行
day trip                日帰り旅行

I’m going to Singapore on a business trip.

出張でシンガポールへ行く。

 

一般的な旅行

また、trip は、上記以外の一般的な旅行についても使われます。

「旅行」という意味で使う trip は名詞なので、「旅行に行く」という行為を表すときは、take a trip, go on a trip という形で使います。

I’m going to take a trip to Hawaii.

ハワイ旅行に行く。

 

Trip を使うときのポイント

Trip は名詞でもあり、動詞でもありますが、「旅行」という意味で使うときは名詞です。動詞の trip は、主に「つまづく、つまづかせる」「ドラッグで幻覚症状を体験する」という意味です。

よって、「旅行が好き」という意味で I like tripping. とは言いません。この場合は、travelling のほうを使います。

 

 

Travel 旅行

travel

旅行全般

Travel は、「旅行全般・旅行というもの」を指すときに、使われます。

「趣味は旅行です」「旅行が大好きです」といった文章では、travel を使います。

My hobby is to travel. / My hobby is travelling.

趣味は旅行です。

 

一般的な旅行

Travel は、一般的な旅行について使われます。

I want to travel abroad this summer.

今年の夏、海外へ旅行に行きたい。

 

Travel を使うときのポイント

Travel は、名詞でもあり、動詞でもあります。

Travel を使うときのポイントは、主に3つあります。

  1. 「旅行」という意味では、基本的に動詞として使う
  2.  名詞として使うときは、別の単語を修飾することが多い
  3. 「旅行」という意味で名詞が必要なときは、基本的に trip を使う

 

1. 「旅行」という意味では、基本的に動詞として使われます。

I’m going to travel around the world.

世界一周旅行をする予定だ。

 

2.  名詞として使うときは、別の単語を修飾することが多いです。

travel agency   旅行代理店

travel cost        旅費

travel alert       渡航勧告

 

3. 「旅行」という意味で名詞が必要なときは、基本的に trip を使います。

「旅行はどうだった?」と質問するときは How was your travel? とは言わず、trip のほうを使って、How was your trip? と言います。

How was your trip?

旅行はどうだった?

 

その他の場合も、名詞で「旅行」と言いたいときは、以下のように trip を使います。

Have a good trip.

よい旅行を(行ってらっしゃい)。

I enjoyed my trip.

旅行を楽しんだ。

 

 

Journey 旅の過程・道のり

journey

Journey は、「旅行」という意味でも使われますが、主に「旅の過程」「道のり」「道中」にフォーカスしたいときに使われます。

旅の過程・道中

Journey は、「旅の過程」「道中」に焦点が当てられます。Journeytrip は、ニュアンスとして以下のように異なります。

  • 「旅行どうだった(楽しかった)?」

       → How was your trip?

  • 「道中どうだった(快適だった)?」

       → How was the journey?

ただし、この使い分けは厳格なものではありません。「道中どうだった?」という意味で、How was your tripと言うこともよくあります。

また、飛行機での移動については、trip, journey という単語を使わず、How was your flight? という表現がよく使われます。空港で誰かを出迎えるときや、海外から出張で来た人などに、挨拶代わりに使える表現です。

 

何かを成し遂げる過程・道のり

日本語で、何かを成し遂げる過程を「道のり」「長い旅」と言うような感覚で、journey を使うことができます。

Life is a journey.

人生とは旅である。

A journey of a thousand miles begins with one step.

千里の道も一歩から。

 

 

まとめ

Trip

  • 「出張や校外学習など、目的のために行って帰ってくる旅行」に使う
  • 「一般的な旅行」という意味で、How was your trip?, Have a good trip. のような文章にも使う
  • 「旅行」という意味では、動詞としては使わない

Travel

  • 「旅行が大好き」というような、「旅行全般」を指すときに使う
  • 「一般的な旅行」という意味で、主に動詞として使う
  • 名詞として使うときは、別の単語を修飾することが多く、「旅行」という意味で名詞が必要なときは、基本的に trip を使う

Journey

  • 「旅の過程」「道のり」「道中」にフォーカスしたいときに使う
  • 「何かを成し遂げる道のり」のような意味でも使う

 

▼「お客さん」の使い分けは、こちら▼

「お客さん」は英語で customer、client、guest? 違いと使い分け|visitor と passenger も

2018-08-07

will と be going to の使い分けは、こちら▼

luggage

Will と be going to の違い・使い方を例文と練習問題で確認

2018-07-25
Pocket